葬儀後のマナーも大切

マナーとして考えると、葬儀中だけではありません。葬儀を終わってからの方が、マナーをしっかり見られて判断されることになるでしょう。むしろ、今後のお付き合いを考えれば、こちらを重視していく必要が出てきます。葬儀が終わったら、できるだけ早くお礼をすることが重要です。喪主自身が伺うようにしなければなりませんが、弔電だけであったり、供物をいただいた場合には、お礼状を出します。葬儀を無事に終えたことをお伝えするとともに、感謝の気持ちを伝えることになりますが、できるだけ早めにお礼状を出しましょう。相手や状況によっては、菓子折りなどが必要になることがあります。基本として、ご挨拶に伺うことになるのですから、手ぶらで行くというのはマナーに反すると考えていいでしょう。

香典返しもマナーとして重要なポイントです。忌明けを目途に渡すのが本来の姿であり、故人の名前や戒名を入れます。挨拶状も作ることになりますが、現在では葬儀の当日に渡してしまい、遺族の手間を少なくするといったことが多いです。参列していただいたときに渡せれば、渡し忘れなどがありません。即日返しとも言われていますが、負担軽減を中心に考えていくことができます。

品物としては、半返しと言われています。頂いた金額の半分とされていますが、判断は容易ではありません。その場で金額を確認する地域もありますが、場所によってはこうしたことはマナー違反とされることがあります。そのため、品物は一定のものを用意しておき、高額であった場合には、あとから別途ご挨拶を兼ねて品物を贈るといったことを行います。この方法を取れば、香典をいただいたときに、本人の前で開けて確認するといった必要性もなくなります。

このように葬儀のマナーは色々とあり、なかなか分かりにくいところもあります。しかし、抑えておかなければならないポイントはそう多いわけではありません。意外に難しいマナーばかりではないため、疑問点は葬儀社に相談するなどして、対応を考えていけば失敗はないでしょう。