マナーに反しない葬儀の挨拶文のポイント

葬儀のマナーは色々とあります。まず、ポイントになってくるのは挨拶です。葬儀の静まりかえった空間で失敗するというのは、マナーとしても避けなければならない部分です。参列者の方には、お忙しい中故人の為に足を運んでくれたことへのお礼の言葉を伝えなければなりません。先に挨拶されたときには、ご丁寧に恐れ入りますと返答をしていきましょう。簡潔で構わないため、必ず返すようにしなければなりません。葬儀には多くの方がいらっしゃるため、あまり時間をかけないようにします。

出棺時の挨拶でも、参列者への感謝の気持ちを伝えるというのがポイントです。その他にも、死因の説明を簡単に入れながら、生前の様子や人柄を入れておけば間違いありません。締めとしては、今後どうしていくのかや決意などを話すことでまとまります。これは流れとしての基本形となってきますが、状況を入れていけばアレンジも効くようになるはずです。

上記の場面以外では、精進落しでも挨拶をすることになります。葬儀を終えたことに対する感謝をするとともに、ゆっくりと時間を過ごしていただくための挨拶になってきます。締めでは、今後とも良い関係が築けるかどうかのポイントになってくるため、しっかりと伝えていくことが大切です。また、ご僧侶に挨拶することも出てくるでしょう。最初にお出迎えするときとお見送りの2回挨拶します。こちらでも感謝の気持ちを伝えておくことが重要であり、ご足労いただいたことへの感謝を伝える挨拶で問題ありません。

挨拶のマナーとしては、使ってはいけない言葉があります。これが葬儀での重要なポイントです。不幸が重なるといったような言葉は禁句ですし、死亡や急逝は、「逝去」や「突然のこと」に言い換える必要があります。生存中も禁句で、「生前は」に言い換えましょう。挨拶をアドリブでするのではなく、一旦章として書いてみると、置き換えるのも簡単になります。参列者や関係者に感謝の気持ち伝えることが大切になってきますので、思いなどがしっかり伝わるように考えましょう。